ソーシャルメディアリテラシー向上と、書き込みモニタリングで、従業員の不注意な書き込みによるソーシャルリスクに対応します。

ソーシャルメディアリテラシー研修の提供により従業員のリテラシー向上をサポートするとともに、
書き込みをモニタリングすることで、不注意な書き込みによるソーシャルリスク対策を行います。

従業員のリテラシー底上げをはかるソーシャルメディアリテラシー研修

店員がいたずらをした写真をソーシャルメディア上に書き込み、それが拡散し、謝罪会見にまで発展。
このように、従業員による書き込みがきっかけで企業に大きな影響を与える事例は少なくありません。

何かあった時の対応も必要ですが、重要なのは、不適切な書き込みが発生しないよう、従業員のソーシャルメディア利用のリテラシーをあげていくことです。

研修を行なっても、100%炎上が起きないわけではありません。しかしながら、リスクを低減していくことはできます。
adishではパートナーと連携し、企業ごとの事情や業界特性にあわせたソーシャルメディアリテラシー研修を提供。
事例を中心にソーシャルメディア利用にあたり気をつけるべきポイントを紹介します。

研修コンテンツ例

効果測定のための投稿モニタリング

リテラシー研修を行なった後、実際にそれが浸透したかは、モニタリングすることでしか分かりません。そのためadishでは、協議の上、モニタリングするアカウントを定義し、定期的に効果を目視確認していきます。

 
 

お客様の声

運送会社

運送会社 B社様

<課題: 従業員による不適切な書き込みを炎上する前に発見したい>

以前から従業員の会社に対する不適切な発言がインターネット上に書き込まれることが発覚するなど、従業員の書き込みが問題となっており対策を考えていました。しかし全国に事業所を展開しているため従業員の書き込みを常に追い続ける、となると膨大な作業となってしまいます。

adishのソーシャルリスニングならオプションで従業員のアカウントを継続的に見ていてくださり何か気をつけるべき書き込みが発見された場合は報告をくれるようになっているため安心感があります。 

業界・悩み別のサービスを見る

一言にソーシャルリスク対策といっても、実際の対策は業界、会社規模、目的によって様々な方法です。
adishでは運用前に要望をヒアリングし、各企業にあった運用設計を提案します。

異物混入等による炎上を未然に検知したい

リスク基準をニーズや目的にあわせ作成しソーシャルリスクをリアルタイムで察知。早期発見をすることで企業としての対応をいち早く検討することができます。

悪質な投稿による風評被害を防ぎたい

adishでは匿名掲示板・個人のホームページやブログ等2000メディアを対象にモニタリングが可能。情報漏えいの可能性がある書き込みを随時モニタリングすることができます。

店舗従業員へのクレームを早期発見し、安全を守りたい

キーワードによるモニタリングを24時間365日実施し炎上リスクのある書き込みを検知。火種のうちに検知することで企業としての対応方針を早期に示すことができます。

従業員の不注意な書き込みによる企業イメージダウンを防ぎたい

adishでは従業員のアカウントをモニタリングしトラブルを未然に察知。また再発防止のために従業員のネットリテラシー向上のためのサポートも行います。

adishの強み

500社以上にソーシャルメディア書き込みのモニタリングを提供してきた圧倒的な実績から、企業の悩み・課題をトータルで
サポートをします。

  • ソーシャルリスクの業界別ノウハウを活用

    ソーシャルリスクの
    業界別ノウハウを活用
  • ツール&24時間365日目視で確実な運用を実現

    ツール&24時間365日目視で
    確実な運用を実現
  • ソーシャルリスクに対する社内体制構築サポート

    ソーシャルリスクに対する
    社内体制構築サポート
  • 運用方法・提出レポートを業界・業種でカスタマイズ

    運用方法・提出レポートを
    業界・業種でカスタマイズ