よくあるご質問

なぜソーシャルリスク対策が必要とされるのでしょうか?

TwitterやFacebook、各種ブログ、レビューサイトなど、ソーシャルメディアは今やほとんどの人に利用され、スマートフォンの普及とともにリアルタイム性も増しています。

このような時代の変化とともに、ひとつの書き込みが炎上を巻き起こし、数億、数十億円の損失を与えることが、現実として発生しています。これらのリスク対策のため、ツールで全体傾向を把握し、目視で重大書き込みを検知する仕組みが必要なのです。

調査するキーワードは単純に会社名や製品名ではいけないのでしょうか?

単純に会社名や製品名にした場合、ノイズ(必要のない書き込み)が大量に入る場合があります。そのため、目的に合わせてどのような調査ワードを設計するかが非常に重要になります。弊社では、ノイズが極力入らないよう、お客様に適したキーワードを運用開始前に設計し、ご提案を行っています。

「リスク判断基準」とはどのようなものでしょうか?

多種多様な書き込みを、どのように分類し、またどのような内容を緊急連絡すべきなのか等を定義したものです。貴社の業界や業態によって必要な内容は変わります。リスク判断基準が情報整理と運用設計の元となります。

危険性の高い重大な書き込みが発見された場合、どうすればいいのでしょうか?

書き込み量が大きくならないか注視しつつ、該当内容が事実であるかを早急に関係各所と確認してください。デマであるならば、多くの場合は静観すればよいと思われます。場合によっては、公式アカウント等で客観的に事実でない旨を述べるのがよいでしょう。

事実であるならば、その問題を実際に解決した上で、静観しつつ、場合によっては、公式アカウントまたは公式サイト等で公表しましょう。

ソーシャルメディア上の投稿は簡単にコピーされますし、多くの場合、削除することは困難です。炎上する前の通常時における、事実のできる限り早い把握と、実際の課題解決を推進ください。