【Twitter検索ワザ】 「AND」、「OR」、「NOT」で欲しい情報に近づく!

Twitter(ツイッター)で自社にまつわるツイートを検索する際、目的の情報にたどり着かないというお悩みはございませんでしょうか?検索ワードを足したり引いたりしながら、リスク検知を最適化する検索テクニックをご紹介します。

SLBソーシャルリスニングブログ

目次

検索キーワードを完全一致させる

例えばあなたはとあるカフェの広報担当だったとします。Twitterに書き込まれる新商品の評判を確認する場合、どのようなキーワードで検索をするでしょうか。

コーヒー 美味しい」と単語にスペースを入れて検索をしてみましょう。
(実際には商品名を入れると思いますがここでは仮に「コーヒー」と記載)

結果として下記のようなツイートが検索に引っかかるかと思います。

「新作のコーヒーを早速試した!定番になりそうなくらい美味しい♪」

これは検索結果として意図通りですね。
ただし、下記のようなツイートも検索対象となります。

「新作のコーヒーはいまひとつ…。せっかく美味しいケーキと合わずに残念!」

本来の目的である「コーヒーの評価を確認」という意味では少し外れてしまいます。そこで明確な表現をイメージして完全一致で検索してみましょう。

Twitter検索においては、「”」(ダブルクォーテーション)で囲んだキーワードと完全一致するツイートを結果表示します。
つまり「”コーヒー美味しい”」と検索すれば、確実にコーヒーについて「美味しい」と評価しているツイートを結果表示できます。

このような検索技でツイートを分類しなければならない時間を少し短縮することができますね。

※ツールによっては表記の揺れについて対応していますが、説明のため単純化させていただきました。

「AND検索」と「OR検索」の違いを再確認

前述の例における「コーヒー 美味しい」という検索が「AND検索」。敢えて日本語で表現するのであれば「コーヒーかつ美味しい」というキーワードが検索結果に反映されます。

これは両方のキーワードが含まれるツイートを抽出します。例えば商品名に加えて、ポジティブな評価を中心に集めたい場合は、「美味しい」、「便利」、「面白い」などのキーワードを「AND検索」すれば解決しますね。

一方で表記の揺れなどをまとめて収集したいときは「OR検索」。例えば企業名、商品名の表記に愛称や略称などいくつものパターンがある場合に便利です。

「コーヒー OR カフェオレ OR カフェラテ」と検索すると、3つのキーワードのいずれかが入っているツイートを結果として表示します。

「NOT検索」でノイズを排除

これまではキーワードを追加しながら目的の情報に近づく方法を説明してきました。しかし、余計なツイートを取得してしまうこともあります。
その際に「NOT検索」で不必要な情報を排除していきましょう。

例えば「チョコレート」について調べたいときに「チョコレートケーキ」についてのツイートが混じってしまうことも。その場合は下記のように単語の前に半角のマイナスを付けて「チョコレート -ケーキ」でノイズを排除しましょう。

企業名やサービス名、商品名でも近しい名前の関係のないツイートを取得してしまうことがあります。キーワードの足し算、引き算で目視の効率化にお役立てください。

以上のようにTwitterの検索技を駆使することで、時間を短縮することが可能。ただし、これらを24時間365日行うことは困難です。リスクの高い投稿を早期検知するadishのソーシャルリスニングをぜひご活用ください。

24時間365日の目視モニタリングを【月額5万円】から

adishのソーシャルリスニング

いつ発生するか分からない火種となる重大な書き込みをタイムリーに発見し、早期対策にお役立ていただきます。

関連記事

【Twitter検索ワザ】日本語のみを検索&期間指定で検索をする方法