炎上事例を数字で見る 第1弾 ~炎上の発端はTwitterが圧倒的多数

今回は、アディッシュのオリジナル調査より、実際に発生した「炎上」の傾向について解説したいと思います。第1弾として、炎上が発生する前段階、すなわち「火種」は、どういう形で出てきたのかを考察します。

SLBソーシャルリスニングブログ

目次

調査概要・前提条件

本題の前に、この調査をどのように行ったのか、調査概要を記載しておきます。
アディッシュでは2011年以降、企業やその従業員が批判の対象となった内容、および、企業の評判に関係する炎上についての事例を追っており、自社内でデータを蓄積しています。その集計結果の一部を、今後何回かに分けて発表したいと思います。
調査結果は2011年1月~2013年12月の2年分ですが、現時点でもそれほど大きな変化は生じていないと考えられます。最新データは集計中ですので、完了し次第こちらで発表したいと思います。

炎上の6割は企業側の注意で防げた

炎上事例を数値化してみた|アディッシュの「ソーシャルリスニング」

企業に関する炎上というと皆さんは何を思い浮かべますか? 一言で炎上と言ってもその種類は雑多です。上記のグラフを見ると「企業方針にクレーム」「従業員暴走」「客によるテロ」「バイトテロ」「顧客情報投稿」といった内容が目立っていますが、それ以外にもあらゆる炎上事例が出ています。
特徴的なのが、濃いオレンジ部分で示した項目です。「従業員暴走」「バイトテロ」「顧客情報投稿」「公式アカウント暴走」「経営者暴走」、これらはいずれも、企業に所属している個々人の不注意・不用意な投稿によるものと言えるでしょう。これらの項目を合わせると62%にも及びます。社内で社員教育を施す等、企業側の注意である程度防止できたと言えるのではないでしょうか。

発端は8割近くがTwitter

炎上事例を数値化してみた|アディッシュの「ソーシャルリスニング」

いわゆる「火種」、つまり炎上が起こる前の発端となる投稿は、どこから出たのでしょうか。
グラフを見てお分かりの通り、圧倒的にTwitterが多いです。実に77%、8割近くがTwitterから出た炎上事案なのです。
こちらは2011~13年の炎上事例の分析結果ですが、2016年現在でもTwitterは引き続き強い影響力を保っており、同じような傾向がみられると考えられます。

 

まとめ

こうしてみると、炎上の多くは予防できる可能性があることが分かります。また、「火種」をいち早く見つけるには、もちろんあらゆるメディアを見るのが理想ではありますが、なかでもTwitterの投稿を特に注意しておくと効果的と言えるでしょう。
アディッシュではTwitterの投稿内容を目視でモニタリングするサービスを提供しています。ご関心のある方は、ぜひご覧ください。

 

関連ページ

異物混入等による炎上を未然に検知したい
悪質な投稿による風評被害を防ぎたい
店舗従業員へのクレームを早期発見し、安全を守りたい
従業員の不注意な書き込みによる企業イメージダウンを防ぎたい